一般社団法人 高知県社会福祉士会

〒780‐0870 高知県高知市本町4丁目1番地37号
丸の内ビル3F12室

巻頭言

        副会長 公文理賀

 立春をすぎ、春めいた日が増えてくるのでしょうか。極寒の嶺北の山間にてこの文章を書いております。

私ごとですが、嶺北の職場の近くに2年前に引っ越しをいたしました。住み始めたとき、嬉しがって薪ストーブを入れました。その時、「薪というものは、良く乾燥させたものをつかわないといけない(割って2年以上乾燥させたものがいい)」ということを聞いたのですが、確かに…。昨年と今年とでは、薪の乾燥具合が違い、ストーブの温度が全くちがいます。ゆえに、部屋の温度が違ってきます。「昨年より部屋が暖かいっ」と感激しきり。しかし、「来年、再来年用の薪を今割らないと間に合わない」ということに気が付きました。でも、この寒い中、誰が薪を割るのでしょうか?薪ストーブ生活の過酷さを実感している嶺北生活2年目の私です。

「2020年社会福祉士高知大会実行委員会」のことを触れておきたいと思います。少しづつですが、組織案がまとまりつつあります。どのように皆さんに周知していくか、また協力体制をどのように作っていくかが重要課題です。5月の総会の時には、何らかの形でみなさんの意見を伺えるように計画していきたいと思います。「すぐにでも協力したいとおもっているよ」という方がいらっしゃれば、事務局に連絡いただけたらと思います。また、今年の全国大会は6月1日~2日で、茨城県つくば市で開催されます。高知は「次年開催県」として参加しなければなりません。ぜひ皆さん、茨城行きをご検討おねがいいたします。